ホーム > プロテイン基礎

プロテイン基礎

プロテイン基礎では、プロテインに関するいろいろな知識を学ぶことができます。プロテインで筋トレ、肉体改造、ダイエット、体質改善など効果を上げるためのヒントをたくさん配信しています。おすすめのプロテインも紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

新着記事

クレアチンの効果的な摂取タイミング

主に学生アスリートやプロスポーツ選手、筋トレを継続的に行っている人たちが進んで取り入れているクレアチン。筋トレ時などにおいてパフォーマンスを向上させることができ、その後の栄養補給と合わせることで効率的に筋肉を発達させることができるアミノ酸です。プロテインにも効果的な摂取タイミングがあるようにクレアチンにも効果を効率的に引き出すタイミングがあります。

スポンサーリンク

徹底的に肉体改造したならクレアチンも外せない。特徴と効果は?

筋トレを行う上で大切な栄養素にはたんぱく質をはじめ、BCAA(分岐鎖アミノ酸=バリン・ロイシン・イソロイシン)、グルタミン、筋トレ後の糖質など様々あります。中でも筋肉づくりを効果的に進めるために欠かせない栄養素にクレアチンというアミノ酸の一種があるのをご存じでしょうか?筋トレ経験がない方や、まだ筋肉づくりを始めて期間が短い方にはなじみが薄い栄養素かも知れませんが、

カゼインプロテインをうまく溶かす方法。できるだけ溶かして飲みやすくする方法とは?

プロテインを飲んでいる方の中で聞く悩みに「プロテインが上手に溶けない」「ダマになって飲みにくい」とった飲みにくさがあります。表面上は溶けているように見えても、トロってとしてなかなかプロテインを口に運べなかったり、飲んでみたらダマがゴロゴロできていたり、容器の底に張り付いてはがれないなど、プロテインの"あるある"を経験された方はとても多いのではないでしょうか。

カゼインプロテインの効果的な摂り方。アミノ酸濃度を保ち筋肉を効率的に成長させよう

牛乳を原料としたプロテインの一つでもあるカゼインプロテイン。同じ動物性たんぱく質のホエイプロテインと比較するといくつか違いがあるため、筋肉づくりを行う方の中にはホエイとカゼインの両方を摂取している人もいます。そして、ホエイプロテインや筋肉づくりに役立つサプリメントと同じくカゼインプロテインにも効果的な摂取方法があります。これを覚えておくことで、より効率的に筋トレ

ダイエットに役立つプロテインの摂り方。効果的なタイミングと健康的な減量について

プロテインダイエットを始めようと、プロテインを購入したはいいけど、どのタイミングで飲めばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。確かにプロテインを上手に利用すれば、健康的に痩せることができるものですが、間違ったタイミングや飲み方をするといつまで経っても効果がないということもあります。そのため、効率的に痩せ体質を作ることができる摂取パターンを覚えて

体重増量に役立つプロテインの摂り方。効果的なタイミングと健康的な増量について

筋肉を付けたい方を中心に、現在はダイエット目的で飲む方もいるほどのプロテイン。もちろん、体重アップを目指す方も例外ではなく、スポーツをしているけど少食でうまく体が大きくならない・・・、ガリガリな体を何とかしたい・・・、たくましくなりたい・・・などの理由でウエイトアッププロテイン取り入れて体重アップを目指そうとしている人は少なくありません。しかし、これから体重

プロテインの味の種類と美味しい飲み方。あなたならココア味、イチゴ味、それとも…?

たんぱく質を原料として作られているプロテインですが、味が付いていないものを飲むのは、お世辞にも美味しいとは言えず、おすすめできるものではありません。昔はほとんどものがプレーン味で、甘さも美味しさも一切ありませんでした。それを嫌々飲んでいたのですが、筋トレに気合が入っている間はプロテインも気合で飲むことができました。しかし、できれば飲みたくない代物の

筋肥大に効果を発揮!BCAA(分岐鎖アミノ酸)の効果とは?飲み方とタイミングも知っておこう

BCAAは筋肉にどのような働きをするのか、なぜ筋トレ効果を高めることができるのか、お話ししたいと思います。その前に、たんぱく質を構成するアミノ酸についておさらいしておきましょう。アミノ酸に分類される種類は500程ありますが、その中でもたんぱく質を構成するアミノ酸は20種類です。 その内、9種類が体内で合成されない必須アミノ酸、残りの11種類が非必須アミノ酸

グルタミンは筋トレに効果的?本来の機能をもとに筋肥大・筋肉づくりの有効性をひも解く

プロテインにも含まれているグルタミン。どのような効果があるのでしょうか?体への効果と筋肉への効果、両面からみていきましょう。グルタミンは、たんぱく質を構成している20種類のアミノ酸の一つです。20種類のうち、9種類(※)は体内で合成できません。これを「必須アミノ酸」と言い、「食事やサプリメントから摂り入れる必要があります。(※)バリン、ロイシン

究極の筋肉づくり。ボディビルダーはどのくらいの量のプロテインを飲んでいるのか?

ボディビルダーのトレーニングや食事内容・プロテイン摂取などにおいては、一般的なものよりも複雑で、トレーニング、食事ともに多くの量を必要とします。そのなかでも、ボディビルダーにとって最も重要な栄養素は筋肉の材料となるたんぱく質です。ボディビルダーに限らず、筋肉を成長させるためには欠かせない栄養素のひとつでもあります。一日のたんぱく質の摂取量は

プロテインは抜毛やハゲ・薄毛にも効果的?筋肉を育てる以外の効果とは?

プロテインは、消化吸収が早く、狙ったタイミングで効率的にたんぱく質を補給できる栄養補助食品(サプリメント)です。それゆえ、成長ホルモンの分泌による筋たんぱく質の同化を促したり、アミノ酸濃度の低下を抑えることで、筋肉づくりの効果を高めることができます。では、プロテインは筋肉づくり以外にはどのような効果があるのでしょうか?

プロテインメーカーの特徴と人気プロテイン(ザバス・DNS・ビーレジェンドなど)

SAVAS(ザバス)は、プロテインの日本国内でも代表的なプロテインメーカーとして知られています。運動やトレーニングを日常的に行うアスリートの方たちを含め、スポーツ栄養学に基づいたプロテインが豊富に揃っています。高品質でリースナブルな価格で提供されているプロテインが多く、国内でも売り上げはトップクラス。年代を問わず、多くの方たちに親しまれています。1980年のブランド誕生以降、いろいろな製法の

ホエイ&カゼインは、なぜ筋肥大に効果的なのか?

プロテインは、カルシウムなどのミネラルやビタミンAを豊富に含んでいる牛乳や、大豆、卵白などを原料として作られています。その原料からたんぱく質を抽出、精製されたサプリメント(栄養補助食品)がプロテインで、原料によって吸収の速さやビタミン、ミネラルなどの微量栄養素などに違いがあります。プロテインを摂取する2大目的にダイエットと筋肥大(筋肉を付ける)が挙げられます。

プロテインの製法、WPC・WPI・CFM・WPHって何?効果に違いがあるの?

筋肥大に効果を発揮するホエイプロテインには、大きく分けて4つの製法があり、タンパク質やBCAAの含有率、有効成分や乳糖の有無、消化吸収スピードなどに違いがあります。この差が価格にも反映されるのですが、高いのには理由があります。値段だけで選ばず、内容の違いにも注目してプロテイン選びの参考にするようにしましょう。製法は、以下の4種類です。(1)WPC(Whey Protein Concentrate)=濃縮膜処理法

プロテインがダイエットや減量によい理由。筋トレすれば効果倍増

なかなかダイエットが進まず、いろいろ調べているうちにプロテインでダイエットができることを知ったと言う人は多いと思います。あるいは、聞いたことがあったけど試したことが無かったので、今回試してみようと思って情報を探している人もいると思います。結論から言うと、プロテインを取り入れることでダイエットすることができます。基本的な方法としては1食分をプロテインに

プロテインに月1万円以上もかけられない・・・効率的に体重を増やせるウエイトアッププロテインとは?

プロテインも肉、米、果物など様々な食品と同じように摂れば摂るほど通常を越えて体重は増加し、太っていきます。ただ、太るためには筋トレをしていない人で通常の食事に加えて、1日あたり3杯以上、筋トレしている人で5杯以上は摂る必要があるでしょう。これでは、プロテインにかける費用だけでも1ヶ月最低1万円は容易に超えてくるレベルです。費用対効果が悪すぎて

プロテインを飲むだけで筋肉は成長するのか?ドラゴンボールの孫悟空が強くなっていく理由にヒントあり

プロテインを飲むだけで筋肉が付くという分けではありません。プロテインは食品であり、たんぱく質です。薬ではありません。筋肉を付けるには、筋トレが必須です。筋肉に普段生活しているよりも大きな負荷をかけて筋肉がダメージを受けたり、成長ホルモンの分泌が活発になることで、筋肥大や筋力アップのボタンが押されます。筋トレ+プロテイン=筋肉の成長を促進

プロテインで筋肥大&体重増量&ダイエットを目指そう

筋トレで筋肉を強化・肥大させるためにプロテインを摂取していくことは、とても効果的な方法です。なぜなら、筋トレで傷ついた筋肉を回復させ、成長させるためには、筋肉を構成しているたんぱく質の補給が欠かせないからです。食事で摂ることができれば一番いいのですが、適切なタイミングで摂り、速やかにたんぱく質を届ける点で、食事は消化吸収に時間がかかり過ぎます。

プロテインの種類。筋肉付けるなら基本はホエイ

プロテインの種類は、大きく分けて4つに分類されています。一つ目は、販売されている商品も豊富であるホエイプロテインです。もっとも一般的なプロテインの商品として知られ、動物性のたんぱく質が多く含まれています。 二つ目はガゼインプロテインです。原料には牛乳が主に用いられ、ホエイプロテイン

プロテインって何?薬じゃないの?いえ、たんぱく質です。

何らかの運動をしながら健康的な身体作りをするために、プロテインは多くの人に用いられています。 プロスポーツ選手など、アスリートも、体力維持や力強い筋肉、大きな筋肉を作るためにプロテインを摂取してトレーニングを行っていることは書籍やメディアを通じて、一般の方々にも認知されてきています。

スポンサーリンク

プロテイン比較・おすすめランキングTOPへ