質を追求した海外プロテイン

いま注目を浴びている海外プロテイン。

特にアメリカはプロテイン発祥の地であり、肉体改造やダイエット需要が日本の比でないことからもプロテイン需要が高く、また高品質製品が多数販売されています。

海外の製品には不安があると言った声も聞こえてきますが、実際に飲んでみると日本のプロテインとは比較できない品質のプロテインであることが分かると思います。

ただ、トレーナー、ボディビルダー、筋トレ上級者など、プロテインに対する情報感度の高い人しかその恩恵を受けておらず、一般のトレーニング実践者には知られていないのも現実です。
情報感度の高い人は、好んで海外プロテインを利用しており、その周辺にいる人にはお勧めするが、それ以外の人にはなかなか情報が届かないのです。

では、なぜトレーナーなど情報感度の高い人は海外プロテインを利用するのでしょうか?

まずは、価格が安い
海外プロテインは大型パッケージのものが多く、量に応じて割引価格となっているので、お得に購入ができることが挙げられます。
また、ホエイが本土から直接仕入れることができるため、物流においても有意な環境であるといえます。

次に、味が美味しい
最近では日本のプロテインも海外プロテインに負けてはいません。
ただ、ジュースと同じ味を実現するなど、利益度外視で徹底的に味を追求することまではいっていません。
反面、海外プロテインは、味にもこだわりを持って開発をしており、プロテインと言われなければ、ジュースと思って飲んでしまうほど、美味しいプロテインが多数発売されているのです。

このように海外のプロテインは、トレーニングの先進国で開発されていることもあり、純度の高いプロテインを安価に、そして美味しく飲むことができるのです。

特にアメリカでは、日本の比にならない人たちがプロテインを飲んでおり、その人たちの厳しい意見や経験により、開発企業が切磋琢磨し、プロテインを競争しながら生み出していきました。
このことからも、海外では命がけで開発しないとプロテイン開発企業は生き残れず、残った企業は洗練された本物のプロテインを提供していると言っても過言ではありません。

実際、管理人である私も「チャンピオン ピュアホエイスタック プロテイン ストローベリー」を飲んでいますが、もはやイチゴシェイクです。
なのに、筋肉アップを実現するホエイがふんだんに含まれているとなれば、飲まない理由がないのです。

より筋肉をつけたい人はもとより、味、価格、ホエイ含有量などに高付加価値を求める人に海外プロテインをおすすめします。

>> チャンピオン ピュアホエイスタック プロテインの体験レポートはこちら(レポートは並行して飲んでいるチョコレートブラウニー)

スポンサーリンク




チャンピオン ピュアホエイプラス プロテイン ストロベリー 2.18Kg (筋肉アップ)

世界的に人気のプロテイン「チャンピオン ピュアホエイスタック プロテイン」。初心者から上級者、そしてボディビルダーまで幅広く利用されており、1度使うとやめられないといった声がよく聞かれます。

質にこだわるアメリカで絶大な人気を獲得し、日本で発売されるや否や日本で活動するボディビルダーを中心に広がっていきました。質とコストパフォーマンスの両面を備えていることもあり、今では筋トレ初心者からも高い支持を得ています。1日1杯で2ヶ月もつので、こまめに買っていた人は手間も省けます。(私は2~3本をまとめ買いしてストックしてます)

筋肉の合成を促進するBCAA(分岐鎖アミノ酸=バリン・ロイシン・イソロイシン)がバランス良く配合されているので、筋トレの効果を最大限に高め、効率的な筋量アップを目指すことができます。筋トレをしていて切実な悩みの一つに効果が出にくい事が挙げられますが、その悩みを取り除いてくれるのがチャンピオンのピュアホエイスタックプロテインだと言えます。

味はいろいろなフレーバーがあり、中でもストロベリーは抜群です。水で飲んでも非常に美味しく、プロテインと知らなければイチゴシェイクを飲んでいるような錯覚を覚えるくらいです。万人受けするように甘めに作ってあるので、辛党の人は甘さがネックになるかも知れません。でも、水の量を多めにすることで甘さは和らぐので、購入後に飲まなくなるような心配はないでしょう。

私管理人は、28年前(1989年)の高校生の時以来、いろいろなプロテインを試していますが、チャンピオンのプロテインシリーズが発売されてからはメインのタンパク源として筋トレ後を中心に欠かさず飲み続けています。味が良く飲みやすいこともありますが、直接的な効果としては1杯当たりのタンパク質の量(約22g)が豊富で、筋量の増加ペースが加速していることを実感できたことが大きいです。週4日程度の分割法による筋トレで約7kgの増量に成功したのは、まさにプロテインの適切な摂取によるものが大きかったと思っています。

なお、プロテインの中では、しっかりと混ぜてもパウダーがダマになって残る場合がありますが、このプロテインはダマになりません。そのため、最後まで綺麗に飲むことができ、約22gのタンパク質を無駄なく取り込むことができます。

たんぱく質1gあたりのコストは、4.6円(6円前後が主流)と、圧倒的なランキングトップを堅持。プロテインの本場だけあって、質とともに高いコストパフォーマンスを誇っています。

チャンピオンのピュアホエイスタックプロテインは、細マッチョになりたい人、スタイルを良くしたい人、ゴリマッチョになりたい人、タンパク質が慢性的に足りてない人など、様々な目的に適したプロテインです。ぜひ、効果を確かめてみて下さい。
体験レポートはこちら>>

【人気の理由】

  1. まさにイチゴシェイク!抜群の美味しさで気軽に飲めるから。
  2. 溶けやすく溶け残りができないから。
  3. 美味しい!
  4. 筋肉が大きくなってきた。
  5. 本場アメリカで実績あるプロテインだから。
  6. ボトルなので粉をすくいやすい。最後まできれいに飲める。

関連リンク : 海外の美味しいおすすめプロテイン

【おすすめの飲み方 ベスト3】

  • 1位 ・・・ 常温の水
    水で飲むと美味しくなくなるプロテインが多い中、チャンピオンのストロベリーは抜群の美味しさを誇ります。蛇口をにひねるだけなので冷やす手間も省け、コスパの優位性を最大限生かせる飲み方です。もちろん、牛乳に比べて脂肪分等の余分なものを極限まで減らすことができ、筋肉アップに伴う体脂肪率の減少にも寄与します。
  • 2位 ・・・ 冷たい水
    味自体や効果は常温と変わりありませんが、常温の飲み物が苦手な人は冷やして飲むと味が引き締まって飲みやすくなります。
  • 3位 ・・・ 牛乳または低脂肪乳
    水に比べてまろやかになり、非常に飲みやすくなります。甘さが苦手な人はお勧めできませんが、牛乳からのタンパク質もプラスして摂りたい人にはおすすめです。

『チャンピオン ピュアホエイプラス プロテイン ストロベリー』

チャンピオン ピュアホエイプラス プロテイン ストロベリーのデータ

タンパク質のタイプ 乳清たんぱく(ホエイプロテイン)
商品金額 6,500円(税込)/内容量:約2.18kg
今がお得! ※価格は変動します)
タンパク質摂取量/1杯あたり 約22g
タンパク質含有率 約64%
消費期間 約64日
※1日1杯を毎日取り続けた場合の消費期間
1杯あたりのコスト 約102円

プロテイン比較・おすすめランキングへ