プロテインおすすめランキング。筋トレで筋肉付けるならどれがいい?(2 / 2ページ目)

プロテインで筋肥大&体重増量&ダイエットを目指そう

知って得するプロテイン
プロテインで筋肥大

筋トレで筋肉を強化・肥大させるためにプロテインを摂取していくことは、とても効果的な方法です。なぜなら、筋トレで傷ついた筋肉を回復させ、成長させるためには、筋肉を構成しているたんぱく質の補給が欠かせないからです。食事で摂ることができればいいのですが、適切なタイミングで摂り、速やかにたんぱく質を届ける点で、食事は消化吸収に時間がかかり過ぎます。そこで、ゴールデンタイムと言われるたんぱく質の

プロテインの種類。筋肉付けるなら基本はホエイ、ダイエットならソイがオススメ

ダイエット 知って得するプロテイン
プロテインの種類

プロテインの種類は、大きく分けて4つあります。一つ目は、販売されている商品も豊富なホエイプロテインです。筋トレする人にっては最もポピュラーなプロテインとして知られ、牛乳を原料にしたたんぱく質です。二つ目はカゼインプロテインです。こちらもホエイプロテインと同様に原料には牛乳が用いられています。

プロテインって何?薬じゃないの?いえ、たんぱく質です。

知って得するプロテイン
プロテインって何?

何らかの運動をしながら健康的な身体作りをするために、プロテインは多くの人に用いられています。プロスポーツ選手など、アスリートも、体力維持や力強い筋肉、大きな筋肉を作るためにプロテインを摂取してトレーニングを行っていることは書籍やメディアを通じて、一般の方々にも認知されてきています。運動や筋トレをしているなら、その効果をより高いものとするためプロテインを飲むことは、とても効率的なのです。

筋トレ効果最大化・バルクスポーツビッグカゼイン(マンゴー風味)

プロテイン体験レポート
バルクスポーツビッグカゼイン(マンゴー風味)

私が試してきカゼインプロテインの中で最高のプロテインと言えます。味・溶けやすさに申し分なく、むしろホエイプロテインよりも飲みやすいです。カゼインの性質上、トロっとした口当たりですが、ダマやカタマリは見られません。これまでのカゼインとは一線を画すプロテインであると感じました。水で溶かすと、味はかなり薄く、甘さ控えめですが

美味しさ抜群!ピュアホエイプラス・プロテインスタック(チョコレートブラウニー)

プロテイン体験レポート
ピュアホエイプラス・プロテインスタック

Champion社と言えば、アメリカならず欧州諸国など海外でも高い人気を誇るトッププロテインメーカーとして知られています。日本でもボディビルダーをはじめ肉体改造に余念のない経験豊富なトレーニー、情報感度の高い一般トレーニーまで幅広く飲まれており、筋肥大やボディメイクに大きく貢献しています。中でも今回のチョコレートブラウニーは、チョコレートジュースそのもので

定番プロテイン「ザバス・ホエイプロテイン100(ココア味)」

プロテイン体験レポート
ザバス・ホエイプロテイン100(ココア味)

これから筋トレを始める人やプロテインを飲むのが初めての人が、最初に試すプロテインの定番として長年親しまれているのが「ザバス・ホエイプロテイン100」です。最も有名なプロテインだと言っても過言ではなく、AmazonnなどのECサイトで軒並みランキング1位を獲得しています。万人受けするプロテインだけあって、味は申し分ありません。牛乳に混ぜれば、ココアそのもので誰もが美味しく飲むことができます。

海外の美味しいおすすめプロテイン

おすすめプロテイン プロテイン基礎知識
海外プロテイン

特にアメリカはプロテイン発祥の地であり、肉体改造やダイエット需要が日本の比でないことからもプロテイン需要が高く、また高品質製品が多数販売されています。海外の製品には不安があると言った声も聞こえてきますが、実際に飲んでみると日本のプロテインとは比較できない品質のプロテインであることが分かると思います。ただ、トレーナー、ボディビルダー、筋トレ上級者など

ホエイプロテインについて

プロテイン基礎知識
ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、栄養価に優れており、筋肉を効率的に付けたい、肉体改造したい、タンパク質の不足を補いたい場合などに効果的な栄養摂取の候補として真っ先に挙げられるプロテインです。特徴としては、消化吸収が早くタンパク質の合成を促進すること。つまり、筋トレを行った後、傷ついた筋肉が回復するために必要なタンパク質が速やかに送り届けられることで、筋トレの効果を高めることができるというわけです。

太るための(体重増量)おすすめプロテイン

おすすめプロテイン ウエイトアップ プロテイン基礎知識
太るためのおすすめプロテイン

太りたい人、体重を増やしたい人におすすめするプロテインの比較・ランキングです。太るためにはどうすればいいのか悩んでいる方には、少食でなかなか太ることができない体格を大きくしないと競技で勝つことができない、ガリガリで見た目や健康に悪いので健康的な体型になりたい、など様々だと思います。私も太りにくく、筋肉も付きにくい体質で大変苦労

プロテインを飲むと太るの?

ウエイトアップ プロテイン基礎知識
プロテインを飲むと太るの?

まず、プロテインは、食品であるということを認識しておかなければなりません。 そのため、摂り方によっては、太る場合もあります。 どういう場合かというと、活動量や運動量に対して必要以上に摂り続けた場合です。 これは、プロテインに限らず、どのような食品でも同じで、摂取カロリーの観点から考える必要があります。 つまり、食事(栄養)を摂り過ぎた場合は、カロリーオーバーになり、オーバーしたその多くは脂肪として体に蓄積される

筋肥大効果を引き出すプロテインの飲み方(摂取タイミング・時間帯)

プロテイン基礎知識
プロテインの飲み方

筋トレをして筋肉を付けたいと頑張っている多くの方は、プロテインも摂取しながら筋肉づくりを進めていると思います。そんなプロテインにも摂取する上で効果を引き出すタイミングがあります。プロテインは薬ではないため、基本的にはいつ飲んでも大丈夫ですが、この摂取するタイミングがベストに近い形であれば、さらに効率的に筋肉を付けることが可能です。

クレアチンの効果的な摂取タイミング

知って得するプロテイン
クレアチンの効果

主に学生アスリートやプロスポーツ選手、筋トレを継続的に行っている人たちが進んで取り入れているクレアチン。筋トレ時などにおいてパフォーマンスを向上させることができ、その後の栄養補給と合わせることで効率的に筋肉を発達させることができるアミノ酸です。プロテインにも効果的な摂取タイミングがあるようにクレアチンにも効果を効率的に引き出すタイミング

プロテインの種類

プロテイン基礎知識
プロテインの種類

プロテイン原料の違いによって4つの種類があります。ホエイプロテイン・・・牛乳から抽出されるホエイ蛋白(乳清)を原料としたもの、ソイ(大豆)プロテイン・・・大豆を原料としたもの、エッグ(卵)プロテイン・・・卵白を原料としたもの、カゼインプロテイン・・・牛乳に含まれるカゼイン蛋白を原料としたもの。それぞれの特徴【ホエイプロテイン】消化吸収が早い

プロテインの必要性

プロテイン基礎知識
プロテインの必要性

まず理解して欲しいことは、プロテインは「たんぱく質」を凝縮した食品であって、薬ではないことです。 いまでは随分と認知されてきましたが、以前は薬と勘違いして、飲むと副作用があるのではないかと心配する人が多くいました。 もちろん、無駄に摂りすぎては、通常の食事同様、余分な脂肪が付き生活習慣病などを招くことになります。 しかし、食事から栄養を摂るのと同じで必要な量の栄養を摂ることは体に良い影響があっても悪いことはありません。

ページの先頭へ